(株)トーシンリフォーム

相模原・町田で外壁塗装、洗浄、断熱、光触媒、屋根工事、防水工事をお考えならトーシンリフォーム

お問い合わせ

 

ブログ

 

相模原を中心に八王子・日野・川崎・横浜まで幅広く対応

 

神奈川の社長

 

アステック住宅ペイントガイド

 

ビジネス誌「カンパニータウン」2011年1月号

 

株式会社 日進産業

 

マイリフォームレシピ

マイリフォームレシピ

HOME»  アステックペイントとは

アステックペイントとは

アステックペイントとは

アステックペイント塗料は、オーストラリアで使用されている塗料で、
高温多湿、砂漠、紫外線、豪雪、塩害など、世界で類を見ない自然環境の国『オーストラリア』で過酷な環境に耐える事のできる塗料の研究・開発を重ね誕生したのがアステックペイントです。カラーも豊富にあり、いろいろなバリエーションが楽しめます。

アステックペイントは商品力だけでなく技術にもこだわっている為、一般で簡単に購入できません。
また、塗装店であれば購入できる塗料でもなく、技術講習会を受講し、技術認定証書を取得した施工技術者のみが施工を許されています。

 

アステックペイントとは

 

 

アステックペイントの『高耐久性』『防水性』

驚異的な超耐久性はチョーキングに現れます。

 

驚異的な超耐久性はチョーキングに現れます。

 

チョーキングと呼ばれる手に白い粉のようなものが付着した場合は、塗料の防水性が切れるサインです。最も一般的な塗装の寿命が判断できる方法です。

 

驚異的な超耐久性はチョーキングに現れます。

 

 

アステックペイントが湿気・水から建物を守ります

 

アステックペイントは、外壁用防水塗料で660%以上の伸縮率があります。

この伸び縮みする性質により、建物の動きやひび割れに塗膜が追随し、水が浸入する隙間を作りません。

また、一般的な弾性塗料と違い、その伸縮性を長期間維持することができます。

 

アステックペイントが湿気・水から建物を守ります

 

防水系塗料は、防水の機能だけでなく、中にこもった湿気を逃がす「呼吸」の要素が必要です。家は呼吸をすることにより、長く生き続けます。


アステックペイントは、水を通さない防水性を備えながら、湿気は通す、呼吸する塗料(塗膜)として、建物の劣化を防ぎます。

 

アステックペイントが湿気・水から建物を守ります

 

アステックペイントが湿気・水から建物を守ります

 

 

アステックペイントの『遮熱性能』

塗るだけで屋根の表面温度を20℃~30℃も下げられます

 

アステックペイントは、上昇する温度を20℃~30℃落とすことができます。(色により多少変化) 

一般的な塗料に比べ、アステックペイントを塗るだけで、屋根の温度を著しく下げることが可能です。また、表面の温度を落とすことで室内へ侵入する熱を大幅に落とすことが出来るのです。

【夏場の室内温度】
室内の温度:3~5℃減少
冷房費:25~40%削減
(立地条件や建物の構造により多少変化します)

 

塗るだけで屋根の表面温度を20℃~30℃も下げられます

 

 

アステックペイントの『防汚・防カビ』

『400』の菌に対応しており、様々なカビの発生を長期間防ぎます!

 

カビの中には食べ物ばかりではなく、人体に対して有毒な種類も存在します。
アレルギーの原因になるなどの健康被害が発生する可能性があります。

例えば…◇小児ぜんそく ◇アトピー性皮膚炎 ◇食中毒・脳真菌症 ◇ダニ等の害虫発生 等

カビが発生した住宅では早急な対処が必要となります。
そうならない為には、きちんとした防カビ塗料を使うことが大事です。

一般建築物に発生する可能性の高いカビや細菌の種類は、57菌と認定されているのに対して、日本の防カビ塗料はJIS規格が規定した13種の試験菌のうち特定の3~5菌で認定されています。

アステックペイントでは、『400』の菌に対応しており、様々なカビの発生を長期間防ぎます。

 

アステックペイントの『エコ塗装』

遮熱塗料でエアコン代を節約

遮熱塗料でCO2の削減を。

太陽熱を反射する塗料を「遮熱塗料」と呼びます。

遮熱塗料は建物に塗るだけで、暑くなった屋根の表面温度を20℃以上下げるため、室内温度も下げることができます。そのためエアコン代やCO2等の削減に貢献します。
また、ビルやマンションに遮熱塗料を塗ることで、コンクリートの蓄熱を防ぎ、ヒートアイランド現象の緩和にも大きく貢献できます。

 

アステックペイントは水性塗料です

アステックペイントは、ほとんどが水性であるため、臭いが気にならず、施工現場周辺の住民の方々に迷惑をかけることがありません。また、低VOC1%以下ですので人体にも全く影響がなく、万が一地面に流れ出ても環境に影響を与えることはありません。

 

アステックペイントの『エコ塗装』

 

欧米住宅の寿命100年、日本住宅の寿命30年

日本は先進国の中で最も住宅の寿命が短く、多くの産業廃棄物を発生させ、貴重な資産を使い捨てしています。建物を100年使い続けるためには、建物の基礎・構造が丈夫で、屋根・壁材が長寿命であることが必要です。
しかし、もっとも重要なことは、建物を「厳しい自然から守り続けていくこと」です。
その最も大きな役割を果たすのが”塗料”なのです。

 

アステックペイントの『エコ塗装』