(株)トーシンリフォーム

相模原・町田で外壁塗装、洗浄、断熱、光触媒、屋根工事、防水工事をお考えならトーシンリフォーム

お問い合わせ

 

ブログ

 

相模原を中心に八王子・日野・川崎・横浜まで幅広く対応

 

神奈川の社長

 

アステック住宅ペイントガイド

 

ビジネス誌「カンパニータウン」2011年1月号

 

株式会社 日進産業

 

マイリフォームレシピ

マイリフォームレシピ

HOME»  塗装業者の裏話

ペンキ屋社長が教える 本当は教えたくない 塗装業界のお金の話

見積り無料の秘密

外壁塗装などのリフォーム工事のお見積りは殆どの業者が無料ですが、突き詰めて考えると無料ではありません。
見積りに来た人間の人件費と、ガソリンなどの経費は必ず掛かるのです。
当然の事ながら工事代金に上乗せされているという事になるので、無料に見えるというのが正解でしょうか。
それにしても、工事を依頼しなければ、無料なのに、工事を依頼すると見えない形で工事を依頼しなかった人の分まで見積り費用を払っているなんて、すごく矛盾していると感じますね。
まぁ、テレビのコマーシャルなどと同じと考えるとわかりやすいかもしれませんが・・・。
 
ちなみに、正規の費用で見積りを有料にするならば、
現場調査、見積り提出の最低2度は訪問します。それに加えて、見積書や診断書などを作成する事にも時間が掛かりますので、2万円前後といった所が妥当な所でしょうか?
これでは、見積り依頼は来ないでしょうから、見積りは無料と言うしかないですね。

 

見積り無料の秘密

 

足場代金無料のウソ

「足場代金無料!」などというキャッチコピーを目にしますが、あれは大きな嘘です。
通常、専門の足場業者に依頼すると、延床面積30坪の一般的な家で20万円程度の費用が掛かります。
自社で足場部材を所有しているペンキ屋さんでも、15万円程度の費用は掛かります。
ペンキ屋さんが最初に足場部材を買うのに、1棟分で50万~80万円位かかりますし、永遠に使用できるわけではなく、破損した部材は交換しなければなりません。
また、足場の作業をするには、2トン以上のトラックが必要ですし、足場の組み立てや解体に必要な人件費も削ることはできません。
このように足場には大きなお金がかかるので、無料には絶対になりません。
無料に見せているだけで、塗装代金に上乗せしてあるだけです。
 
また、「近所で足場を解体するからそのまま持ってくれば足場代を安く・・・」という業者がいますが、これが一番ダメです。
次の工事の予定のも決まっていないような、不人気な塗装店に工事は頼まない方が賢明です。

 

見積り金額の本当の内訳

塗装の見積りは本当の所はどのような内訳になっているか?
直接施工する塗装店が、100万円で屋根と外壁にシリコン塗装をしたと仮定して考えてみます。
工事金額100万円として
ペンキ代 15万円
塗装工賃 30万円 
足場代  15万円
消耗品  5万円
経費   10万円
利益   25万円
といった所です。
25%くらいは利益になっていることが多いようですね。
なんだか利益が多いような気もしますが、塗料が不足した場合や、様々なトラブルなどに対応する費用もこの中に含まれますので、すべてが利益になるわけではありません。
値引きを要求する場合は、この25%の中からされるので、10%くらいが限界といった所でしょうか。
 
ちなみに大手の建設会社ならば、さらに50%以上の利益が加算される事になります。

 

塗装職人の給料っていくらくらい?

多くの職人が、1日分の給料 × 出勤日数 = 月給
という給与体系です。
弊社の場合は、日給8000円の見習いから始まり
経験1年で、日給10000円。
経験5年で、日給13000円。
経験10年で、日給16000円。
経験15年で、日給18000円。
といった所です。
日曜日は休日ですが土曜日は出勤ですので、一ヶ月24日程度の出勤日数になります。
これに各種手当などが付きますので、15年以上のベテランで月給45万円前後といった所です。
とはいえ年数だけではなく、それぞれの能力によって大きな開きがありますので一概には言えません。
また、雨が続くと休日が続くという事になってしまうので、安定しない事も多いのです。

 

シリコン塗装のワナ

見積り書に「シリコン塗装・3回塗り」などと書いていたら、注意が必要です。
一般的にシリコン塗装というと、耐久年数12年以上という耐久性の高い塗料ですが、全てがそうではありません。シリコンでもピンからキリまであるという事です。
SK化研と言うメーカーのシリコン塗料で「セラミクリーン」と「水性コンポシリコン」を例に上げますと、
両方、シリコン塗料と記載があるので、見積りではシリコン塗装とうたえます。
しかし「セラミクリーン」は耐久年数8~10年。「水性コンポシリコン」は耐久年数12年~15年とメーカーのHPに記載があります。
セラミクリーン  http://www.sk-kaken.co.jp/products/data/c_clean.htm
水性コンポシリコン http://www.sk-kaken.co.jp/products/data/compsi.htm
 
もちろん、塗料の仕入れ金額も違い、セラミクリーンは1缶80000円前後、水性コンポシリコンは1缶24000円前後とかなりの金額差です。
つまり、見積りにシリコン塗装と表記があっても、品質の高い塗料なのか、普通の塗料なのかは区別がつかないので要注意です。
塗料は必ず商品名で記載されていることを確認することが重要です。

 

契約金、着手金の意味

着手金や契約金は何故あるのかと言うと、業者を保護するためにほかなりません。
例えば100万円の外壁塗装だとして、終わってもいない工事に、半金の50万円を払う。
こんなのおかしいと思いませんか?
映画館で面白いかどうかわからない映画のチケットを買うのに、前金で3000円を支払うのとはわけが違います。
 
業者が途中で面倒臭くなって工事を放棄してしまったらどうしますか?
契約金を払ったら、連絡が取れなくなったらどうしますか?
工事金額は、工事完了後に全額支払いが理想的だと思います。
「塗料を仕入れる分だけでも先に・・・」などという業者もいるようですが、こう言う店が一番ダメです。
会社の経営がうまくいっていないことを暴露しているようなものですから。